スキーツアーの2つのパターン

近年、需要が高まっているスキーツアー。

ゲレンデに個人で行く場合は、交通費やゲレンデでのリフト券代などがそれぞれかかってきますが、ツアーを利用すると格安でスキーを楽しむことができるのです。
例えばバスで行く場合には、往復の乗車券とリフト券代がセットになっているにもかかわらず、リフト券代よりも低価格ということもあります。ツアーを利用すれば、行きはのんびり景色を見ながらドライブを楽しんだり、友達と話をして過ごすことができます。


また帰りは滑りを楽しんで疲れている場合には眠って帰ることもできます。



日帰りでのスキーツアーを利用する場合、パターンが2種類あります。

1つめは朝出発するというもので、朝早くに集合場所に行きバスに乗り込み、帰りは夕方現地からまたバスに乗って帰るというものです。

昼過ぎから夕方までしか滑りを楽しむことができないので、たくさん滑りたいという人には向いていないかもしれません。

スキーツアーは評判がとっても良くて有名です。

しかし前日に自宅で睡眠をとり参加できるので、少し滑るだけで満足という人や、初心者には向いているといえます。

2つ目のパターンは夜出発するというものです。
夜、バスに乗り込み現地につくのが朝なので、バスの中で睡眠をとる必要があります。車中泊が苦手な人には向いていませんが、夜出発するということで、仕事帰りに参加することも可能です。

産経ニュースの優良サイトならこちらで見つかります。

また、朝早くから夕方まで一日中滑っていられるので、たくさん滑りたい人にはぴったりといえるでしょう。